作る人から使う人へ、綴織と心からよいと思うものを。
貴織
帯

綴織

つづれおり

織りの匠と選び抜かれた道具と素材、それらがひとつとなって創り出されます。

綴織(つづれおり)はおよそ四千年の歴史を誇り、世界最古は古代エジプトのコプト織とされており、日本最古は、當麻曼荼羅図(国宝)とされています。日本へは飛鳥時代に伝承したとされ、綴織、西陣織の中でも最も歴史があり、最古の歴史そのままの伝統技法で織る綴織です。

帯
綴れ織り
伝統の技

昔ながらの機で人の手で、ひと越ひと越、ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。機械化により量産されるジャガード織機の綴織ではありません。

綴れ織り
爪掻き

爪掻き(つめかき)は、鋸刃のように刻んだ爪で糸を掻き寄せ織る綴織特有の技。それは織師の高い技術と経験を要し、日に寸、五日に寸、十日に寸と例えられるほど日数がかかるため生産数も極わずかです。

綴れ織り
重厚な風合い

綴織(つづれおり)の絹糸はとても太く、また経糸(たていと)を緯糸(よこいと)で包み込むように織るため織密度が高く、絹の重みを感じる重厚な風合い、ふっくらしっかりの厚手の絹織物となります。

綴織についてくわしくは今井つづれのHPをご覧ください。▶こちら
帯
綴織は

代表的な存在の帯をはじめ、袱紗、袋物などの小物、掛け軸、織額などがあります。ご購入・お問い合わせは、キオリ各店舗(amazon楽天市場Yahoo!)をご利用いただきますようお願い申し上げます。

綴れ織り
名刺入れ

記憶に残る初めまして。

名刺入れ
綴れ織り
金封ふくさ

おもう心を添える形。

金封ふくさ
綴れ織り
袋物

織の美を愛でる包むもの。

袋物
綴れ織り

綴り織る美。

綴れ織り
掛け軸・額

燦然と浮かぶ至高の輝き。

綴れ織り
打敷

荘厳で格調高い織の美。

帯

貴織

キオリ

受け継いできた綴織の伝統を未来へつなぐ、つたえるために今できることを。その思いからインターネットを通じて、私たち作り手がお客様とつながる場、「貴織」(キオリ)が生まれました。京都 西陣爪掻本綴織元 今井つづれ のオンラインショップです。ひとつだけのもの、貴いもの、貴方のもの、そう心を込めて織る意を込め「貴織」キオリと名付けました。

貴織では、私たちが作る綴織のものはもちろんのこと、私たちが欲しいもの本当によいと思うものも販売しています。

ご購入・お問い合わせは、キオリ各店舗(amazon楽天市場Yahoo!)をご利用いただきますようお願い申し上げます。

帯